宮崎県都城市の障がい児通所支援事業(放課後等デイサービス) ツナグ オフィシャルホームページ

ツナグ

ツナグ 0986-36-6670

ツナグ鷹尾 0986-80-3237

ブログトップイメージ

餅つき&初詣

こんにちは、ツナグの有村です(*^^*) 明けましておめでとうございます\(^o^)/ 今年もよろしくお願い致します。 お正月に少し太ったかなという子供や、お年玉の話を嬉しそうにしている子など、様々でしたが笑顔あふれるお正月でした。 子どもたちと共に今年も色々な事をたくさん経験し、楽しい一年にしていきたいと思います。 昨年12月28日(水)は餅つきをしました。前々から楽しみにしていた子どもたち(^^♪職員が準備をしている間も本を読んだりしてじっと待っていましたが、きっと心の中ではウキウキわくわくだったのではないでしょうか(*^^*)いよいよ餅つきになると「待っていました!」とばかりにテンションが上がり、杵でついているところを見ているだけでも笑顔が見られ歓声を上げる子供達(^^)/自分の番になると重そうに杵を持ち上げ力いっぱい振り下ろしていました。今度は小さくちぎった餅を丸めていきました。くるくると要領よくきれいに丸めている子どももいましたが、うまく丸められなかったり切り口が閉じれなかったりして中々難しかったようです。それでも楽しんで餅つきをして満足そうでした(*^^*)自分で丸めたお餅はお家に持って帰りました。cimg7971 cimg7972 cimg7976 cimg7982 cimg7972

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月4日(水)は、今年初めての利用日となり、子どもたちも来所すると新年のご挨拶をしてくれました。この日は午前中に御年神社にお参りし、午後からは霧島神宮におでかけ。霧島神宮では、まだまだ初詣の人で混雑をしていて結局、本殿まではたどり着くことが出来ず断念(~o~)それでも子どもたちは何だか嬉しそうで、おでかけ大好きの子どもたちでした。(^O^) 1月5日(木)は鹿児島県曽於市末吉町の住吉神社と高之峯に初詣に行きました。 この二つの神社は、「天の逆鉾伝説」に関連した、霧島周辺の七つの神社を線でつなぐと北斗七星の形になるとの事で、どの神社もパワースポットと言われているそうです。その中の住吉神社は、毎年11月23日に流鏑馬(やぶさめ)が奉納され、昭和56年に県無形民俗文化財に指定されました。手水舎で手や口を清め長い階段を上りましたが、中には急な階段をきつそうにやっと上る子もいました。(≧◇≦)やっと辿り着きみんなでお参りして願をかけました(*^^*)降りる時には、階段が何段あるのか数えながら降りて行き「百三十何段かあったよ~」と口々に叫んでいました。広場でお弁当を広げ食べましたが、「外で食べると美味しいね」とパクパク食べていた子ども達(^^♪きっとみんな階段の上り下りでおなかもすいていたのでしょうね(*^^*)タコ 住吉神社を後にして今度は「高之峯」に行きました。標高336mあるそうで、見晴らしがよく末吉の街並みや都城の市街地が一望でき「眺めがいいね!」「どっちが山之口かなぁ」などと話す子供たち(^^♪山頂に行くとこじんまりとした高之峯神社がありそこでもみんなでお参り。すぐそばの公園で思いっきり遊んで帰りました(*^^*)

七つの神社『池之原、霞・東霧島・皇子原、母智丘、高之峯、住吉』

cimg8046 cimg8050 cimg8049-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


ブログボトムイメージ